顕微鏡で見えるもの

2014年05月22日

前回、拡大鏡と顕微鏡についてお話しよう

思っていましたが、

拡大鏡の話しか出来ませんでしたので、

今回は、顕微鏡についてお話を少ししようと思います。

陶山歯科01_041

 

最初から、私のブログを読んで頂いている方は、

気付いているかもしれませんが、

歯科用顕微鏡、手術用顕微鏡、顕微鏡、マイクロスコープと

色々な呼び方がありますが、すべて同じ物をさします。

 

このマイクロスコープは、ほんとによく見えます。

前回お話しした、

10倍の拡大鏡を使いはじめた時も感動したのですが、

マイクロスコープはそれ以上でした。

鮮明さが全く違うのです。

レンズが全く別物ですからね。

しかも、記録に残せるのが1番の魅力ですかね。

拡大鏡にも録画するためにカメラを付けられるのですが、

重いし配線も邪魔なので常に付けておくのは難しいと思います。

 

録画することにより、患者さんに実際の状態を見てもらえ、

情報を共有することができます。

 

今まで、写真を撮って説明していたのですが、

すべてのステップを撮影することは難しいので、

途中の状況が伝えにくいのが問題でした。

 

今からお見せするのは静止画ですが、

マイクロスコープで撮影した動画から、

静止画として切り取った物です。

スクリーンショット 2014-05-22 2014-05-22 3.4倍

スクリーンショット 2014-05-22 2014-05-22 1 5.1倍

スクリーンショット 2014-05-22 2014-05-22 4 8.2倍

スクリーンショット 2014-05-22 2014-05-22 2 13.6倍

スクリーンショット 2014-05-22 2014-05-22 3 21.3倍

 

これは、保険の銀歯があっていないのですが

3.4倍では、あまりわかりません。

 

3.4倍でですよ。

普通の目で見たら、どうでしょうか・・・?。

 

5.1倍からようやく何か隙間があるのが見えます。

 

8.2倍からは確実に見えますね。

 

21.3倍になるとこれ全然あってないのがわかります。

 

この状態で、銀歯の下は虫歯になっています。

レントゲン写真でも確認済みです。

 

しかし、患者さんはこの状態で痛みがなければ

気づきません。

銀歯が外れる頃には、虫歯が大きくなっており、

歯のダメージも大きくなってしまいます。

 

問題を見つけるためにも、

大きくして見ることは重要です。

 

また、問題が起きにくいようにするために。

大きくして見て治療することも重要です。

 

 顕微鏡を使い大きくしてみることは、

歯の寿命を長くすることに繋がると、

私は考えています。

 

〜私自分が受けたい治療を

     患者さんに提供します。〜

 

陶山 新吾

 

 

 

 

 

カテゴリー: 陶山歯科医院スタッフブログ|タグ: , , ,