進展がありましたのでご報告。

2014年07月31日

先日、『ひとつ目標を達成。』という内容を

ブログにアップしましたが、

少し進展がありましたので報告致します。

 

クインテッセンス出版株式会社のQDT Art & Practiceという雑誌の

若手臨床家インタビューというコーナーに掲載予定でしたので、

しばらくの間、休みの日や診療後に

症例の概要や原稿を書いていました。

何ぶん初めてのことですので、

筆が進まない。涙

書いてもまとまらない。

などもなんども書き直して、

ようやく原稿を送ることが出来ました。

 

そして先日、´校正用のゲラ´という物が届きました。

サンプルみたいなものですね。

IMG_1105

こんなものを見るのも、こんな言葉を使うのも初めてです。

 

2ページにわたりインタビューの内容が載っているのですが、

プロフェッショナル〜仕事の流儀〜NHK

みたいな感じですごい!と読みながら一人で感動しつつ、

照れくさい感じでした。

症例報告の部分にも読み返すと

修正が必要なところが結構ありました。

何度読み返したかわからないぐらい読み返しました。

 

そして、チェックし修正したゲラを編集者に送り

修正後、PDFにして再度チェック。

 

たった4ページのために

これだけの行程と時間が必要なんだとはじめて知りました。

これが一冊の本だったらと思うとゾッとします。

今後は、本や雑誌の読み方変わりそうです。

著者の想いや苦労を感じながら、

真剣に読まないといけないなと思いました。

 

それと忘れては行けないのが、

編集してくださる方です。

もう少し宜しくお願いします。笑

 

また進展がありましたら報告致します。

 

 

 陶山 新吾

 

カテゴリー: 陶山歯科医院スタッフブログ|タグ: , ,