症例報告。やっと落ち着きましたので。

2014年12月11日

こんにちは。

陶山です。

またまた、久しぶりのブログになってしまいました。

11月は、セミナーの受講、お祝い事、勉強会で話をするための準備などで、

なかなかブログを書く時間を確保できませんでした。

 

今回は、前回コンポジットレジンのセミナー受講していることを

報告しましたが、2ヶ月に及ぶセミナーも無事終了したので、報告します。

また、コンポジットレジン??って感じですが、、、、

 

東京でご開業の高橋登先生に、2ヶ月4日間のコースをすべて受講しましたので、Certificateをいただきました。

IMG_1709

懇親会では、先生の日常臨床の風景や医院のこだわりを伺うことができ、

改めて先生の凄さを感じました。

 

最終日には、受講生が先生の前でプレゼンテーションをする機会をいただきました。

私は、先生に教わった歯の解剖を模型の歯にあてはめてみた検証を行い、

学んだことを実践した症例を1つと、今年のQDT9月に掲載した2症例もみていただきました。

 

本当に緊張しましたが、なんとかプレゼンできました。

(途中で少し声が震えてましたが、、、)

高橋先生からは、お世辞でも褒めていただき、大変感動しました。

 

QDTに掲載した患者さんのうち、奥歯の治療を行った患者さんが先月無事に治療を終えたので、

報告します。

 

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 2スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 3

 

この写真は治療終了時です。

 

何ヶ所、治療しているでしょう、、、、???

 

よくみてくださいね。

 

大きいものから、小さいものまで。

 

でっ、

答えの前に、この患者さんは私が久留米で開業してから

一番遠方から治療にいらっしゃった患者さんです。

 

なんと熊本からです。

 

ありがたいものです。

熊本には、たくさん素晴らしい先生がいらっしゃるにもかかわらず。

 

7ヶ月間お疲れさまでした。

 

頑張ってメンテナンスしていきましょう。

メンテナンスも当医院で希望されています。嬉しい。笑

 

 

正解は、11歯です。

 

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 1

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 4

 

前歯は、黒く色が変わっていますが、

これは、神経を取ってしまって時間が経つとこのようになってしまいます。

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 5

(After:漂白終了時)

この歯は、まだ健康な歯が多く残っていましたので、

神経の治療を 顕微鏡を使ってしっかりやり変えて、

歯を白くする処置を行い、コンポジットレジンで修復しました。

 

このような歯を、間違っても綺麗にしたいからと、

たくさん削って、セラミックなんか入れないでくださいね。

歯がもったいないですから、、、、。

 

ちなみに向かって右の歯(左上1)は少しコンポジットレジンを充填しています。

 

ここまで書いて、今から奥歯の話をしていこうと思いましたが、

長文になってきてので、奥歯は次回に解説しましょう。

 

え、、、、

また、コンポジットレジンの話、、、

 

歯を大事にできる治療なので、

しっかり解説しておきたいのでお付き合いしてください。

 

ちゃんとセラミック治療やインプラント治療や歯周再生治療などもやっていますので、

今後、紹介していきます。

 

陶山 新吾

カテゴリー: 症例報告, 陶山歯科医院スタッフブログ|タグ: , , , , , , , , ,