陶山歯科医院スタッフブログ

祝7周年

2020年04月24日

本日4月24日で私が父の医院をリニューアルして7年が経ちました。

コロナウィルスの影響が各地で広まっている中あまり喜べませんが、無事にこの日を迎えることができました。

この7年間で私の考えるマイクロスコープを活用した拡大視野下で行う

歯の寿命を伸ばす治療』が少しずつですが受け入れられてきていると感じています。

紹介の患者さんも増えてきましたし、久留米市以外から受診される患者さんも増えてきました。

嬉しい事です。

 

当医院は完全予約制ですので待合室でも殆どお待たせすることはありません。

治療も多くの歯科医院で行われている、並列診療を行なっておりません。

効率と利益を考えると並列診療を行う方が良い面もあります。

一方、完全予約制の場合は予約時間に遅れるとその分時間がずれ込み次の予約の患者さんの時間を分けてもらうか、

予定の時間より短い時間で治療を行わなければなりません。

また、キャンセルされるとその時間は全くの無駄になり、マイナスになってしまいます。

ですので、多くの医院では予約制でも同じ時間帯に2〜3人の患者さんの予約を入れて治療を行なっています。

もしキャンセルが出ても残りの患者さんの治療を少し長めに行えば良いのです。

 

ですが、このような体制だと今問題になっている

『3密』が起きてしまいます。

待合室でも診療室でも『3密』が生じてしまいます。

 

当医院ではリニューアル当初から完全予約制にしていますので、

待合室で待つ時間はほとんどありません。

診療室も間隔は近いところでも2メートルはありますし、

自費診療を行う診療室は完全個室にしております。

個室にしている分換気はしつかり行なっております。

完全予約制にしているため以上の点は安心していただけると思います。

 

また、歯科医院は色々な感染症のリスクが高い環境であるため、

普段から感染に対する対応はなされています。

グローブを患者ごと変えるのは当たり前です。

(一度実際患者さんに聞かれたことがありました。前の病院はそうではなかったそうで、、、)

使用する器具や道具は患者さんごとに滅菌・消毒をしております。

ユニット(患者さんの座る椅子)も普段から患者さんごとに拭き上げています。

口腔外バキュームも完備しています。

そのほかにも現状を踏まえて色々と対応しております。

 

ですが、不要不急なことは今行う必要はありませんが、

時間が経つと状況が悪化する状態もあります。

ご自身ではわからないことが多いと思います。

何かありましたら遠慮なくご相談ください。

 

これからもより一層『質の高い診療』と『安心・安全な環境作り』を行なってまいります。

このような状況ですが細々と7周年を祝いたいと思います。

 

陶山新吾

本日より12月。 コンポジットレジンとオールセラミックの症例。

2016年12月01日

本日より12月です。

1年が過ぎるのは早いですね。

久しぶりの症例報告です。

%e5%8e%9f%e7%94%b0%e3%80%80%e5%92%8c%e9%a6%99%e5%ad%90-001

治療前は銀歯ばかりでした。

%e5%8e%9f%e7%94%b0%e3%80%80%e5%92%8c%e9%a6%99%e5%ad%90-002

前歯の治療終了時の写真です。

治療前との比較は、、、、

%e5%8e%9f%e7%94%b0%e3%80%80%e5%92%8c%e9%a6%99%e5%ad%90-005

右上奥歯の治療後の写真です。

%e5%8e%9f%e7%94%b0%e3%80%80%e5%92%8c%e9%a6%99%e5%ad%90-006

上顎左右の治療前と治療後の比較です。

%e5%8e%9f%e7%94%b0%e3%80%80%e5%92%8c%e9%a6%99%e5%ad%90-007

下顎左右の治療前と治療後の比較です。

%e5%8e%9f%e7%94%b0%e3%80%80%e5%92%8c%e9%a6%99%e5%ad%90-008

お口の中から金属は全てなくなりました。

8ヶ月間お疲れ様でした。

これからは現状をできるだけ長く維持できるように、

メンテナンス頑張っていきましょう。

 

コンポジットレジン20歯

オールセラミック1歯

根管治療2歯

 

陶山 新吾

やっと一段落つきました。

2016年07月10日

昨日7月9日に大川三潴歯科医師会で『マイクロスコープがもたらす新しい世界』という演題でお話しをさせていただきました。幅広い年齢層でしたので、先生方にとって有意義な時間になったのか少し心配です。

話の途中や質疑応答の時間でも多くの質問をしていただいたので、嬉しく思いました。

数ヶ月間頑張って準備してきましたが、反省点は多々ありましたので、すぐに改善していこうと思います。

感謝状、立派な抄録、日本酒のお土産までいただきました。

先月も2時間30分の講演もあり、この数ヶ月はずっと資料作成でしたので、少し休みたいと思います。

image1

13664378_908077045971142_592300837_n

13652618_908077049304475_1813451466_n

13644210_908077059304474_241828217_n

image1

image2

陶山 新吾

今年初のブログです。

2015年01月29日

こんにちは。

陶山です。

もう1月も終わろうとしていますが、

やっと今年初のブログを書くことができました。

本当は、あまり時間がないのですが、

なんとか時間をつくりました。

 

今回は、昨年の全体的にコンポジットレジンで治療した

患者さんの続きです。

 

前回は、前歯の話まででしたので、

今日は、奥歯の話をします。

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 1

上の写真は、治療前と治療後の写真です。

 

スクリーンショット 2015-01-29 2015-01-29 20

右上の奥歯(第一大臼歯)の治療前と治療後です。

この銀歯の治療方法にはいくつか選択肢があります。

①セラミックインレー

②ゴールドインレー

③ハイブリットインレー

④コンポジットレジン

以上の4つです。

ほとんどの先生が①、②、③を選択されると思います。

 

私も、すでにここまで歯を失っていますから、

①セラミックインレーもしくは②ゴールドインレーを第一に考えました。

スクリーンショット 2015-01-29 2015-01-29 22

ですが、この青線の部分の歯が薄くなるため、

後ろまで被せ物を伸ばさないいけない可能性がありました。

 

この患者さんはまだ30歳代です。

今後の治療のやり変えを考えると、

少しでも健康な歯を残しておきたい、

何か問題が起きても少しのリペアで対応できるようにしておきたい、

と考え④の今後のコンポジットレジンを患者さんに提案しました。

もちろんコンポジットレジンは、セラミックよりも

着色しやすい。劣化しやすい。削れやすい。

ので定期的なメンテナンスを行いチェックしていく必要があります。

 

③ハイブリットインレーは、私が直接コンポジットレジンで治療したほうが、

精度が高いので、私の選択肢の中にはありません。

 

実際の治療の流れです。

左から右の状態になるまで、11回コンポジットレジンを入れては固める

という工程を重ねています。

スクリーンショット 2015-01-29 2015-01-29 21

 

その後、真ん中の部分の形を作り下の写真のようになります。

スクリーンショット 2015-01-29 2015-01-29 23

まあまあの出来でしょうか??

境目はわからないようにできていると思います。

 

今回紹介した今回コンポジットレジン充填のやり方は、

一般的な方法ですが、下の奥歯は特殊な方法で行っていますので、

次回お話しします。

 

陶山 新吾

 

症例報告。やっと落ち着きましたので。

2014年12月11日

こんにちは。

陶山です。

またまた、久しぶりのブログになってしまいました。

11月は、セミナーの受講、お祝い事、勉強会で話をするための準備などで、

なかなかブログを書く時間を確保できませんでした。

 

今回は、前回コンポジットレジンのセミナー受講していることを

報告しましたが、2ヶ月に及ぶセミナーも無事終了したので、報告します。

また、コンポジットレジン??って感じですが、、、、

 

東京でご開業の高橋登先生に、2ヶ月4日間のコースをすべて受講しましたので、Certificateをいただきました。

IMG_1709

懇親会では、先生の日常臨床の風景や医院のこだわりを伺うことができ、

改めて先生の凄さを感じました。

 

最終日には、受講生が先生の前でプレゼンテーションをする機会をいただきました。

私は、先生に教わった歯の解剖を模型の歯にあてはめてみた検証を行い、

学んだことを実践した症例を1つと、今年のQDT9月に掲載した2症例もみていただきました。

 

本当に緊張しましたが、なんとかプレゼンできました。

(途中で少し声が震えてましたが、、、)

高橋先生からは、お世辞でも褒めていただき、大変感動しました。

 

QDTに掲載した患者さんのうち、奥歯の治療を行った患者さんが先月無事に治療を終えたので、

報告します。

 

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 2スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 3

 

この写真は治療終了時です。

 

何ヶ所、治療しているでしょう、、、、???

 

よくみてくださいね。

 

大きいものから、小さいものまで。

 

でっ、

答えの前に、この患者さんは私が久留米で開業してから

一番遠方から治療にいらっしゃった患者さんです。

 

なんと熊本からです。

 

ありがたいものです。

熊本には、たくさん素晴らしい先生がいらっしゃるにもかかわらず。

 

7ヶ月間お疲れさまでした。

 

頑張ってメンテナンスしていきましょう。

メンテナンスも当医院で希望されています。嬉しい。笑

 

 

正解は、11歯です。

 

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 1

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 4

 

前歯は、黒く色が変わっていますが、

これは、神経を取ってしまって時間が経つとこのようになってしまいます。

スクリーンショット 2014-12-11 2014-12-11 5

(After:漂白終了時)

この歯は、まだ健康な歯が多く残っていましたので、

神経の治療を 顕微鏡を使ってしっかりやり変えて、

歯を白くする処置を行い、コンポジットレジンで修復しました。

 

このような歯を、間違っても綺麗にしたいからと、

たくさん削って、セラミックなんか入れないでくださいね。

歯がもったいないですから、、、、。

 

ちなみに向かって右の歯(左上1)は少しコンポジットレジンを充填しています。

 

ここまで書いて、今から奥歯の話をしていこうと思いましたが、

長文になってきてので、奥歯は次回に解説しましょう。

 

え、、、、

また、コンポジットレジンの話、、、

 

歯を大事にできる治療なので、

しっかり解説しておきたいのでお付き合いしてください。

 

ちゃんとセラミック治療やインプラント治療や歯周再生治療などもやっていますので、

今後、紹介していきます。

 

陶山 新吾