陶山歯科医院スタッフブログ

勉強の秋。

2014年11月06日

こんにちわ。

陶山です。

久しぶりのブログです。

1ヶ月ぶりぐらいでしょうか。

 

10月の週末は、ほとんど学会やセミナーに参加し

休みがなかったのと、その復習で時間がなかったので

ブログを怠ってしまいました。

 

今日は、その報告をしたいと思います。

 

まずは、日本国際歯科大会という、4年に一度開催される大会なのですが、

日本の著名な先生はもちろん、海外からも多くの先生が招待されています。

一人の先生の講演時間は30〜40分ぐらいと短いのですが、

いろいろな先生の話が聞けるので、勉強になります。

IMG_1482

今回は、ブログでも何度か取りあげた、『コンポジットレジン修復』と

『マイクロスコープを用いた歯内治療(歯の神経の管の治療)』の2つに

テーマを絞って聞いてきました。

 

ここでは、書くことができませんが、ノートにびっしりメモをとってきました。

メモに残しきれなかったことを思い出して、まとめるのに時間がかかってしまったのです。

 

次に、セミナーですが『コンポジットレジン修復』についてで、

東京でご開業の高橋登先生に、2ヶ月4日間のコースを半分受講してきました。

 

普段から疑問に思っていることや、悩んでいることなどを解決するために受講したのですが、

講義はもちろん、懇親会の場でもいろいろ話を聞かせていただき、

とてもためになりました。

 

IMG_1516

 

実習で使用した模型です。

模型なので色は合っていませんがリアルな形に充填できていると思います。

 

IMG_1512

 

今回は、文字ばかりになってしまいました。

すいません。

 

このようにたくさん勉強してきたことを、

患者さんの歯の寿命を延ばすために活かしていきたいと思っています。

 

そして今月11月も・・・

週末は、お勉強で家にいません。涙

 

より良い治療を行うために、

努力あるのみです。

 

 

陶山 新吾

 

 

 

 

 

 

 

 

 

導入、わずか3%

2014年10月02日

こんにちは。

陶山です。

 

久しぶりのブログです。

 

本日は、先月9月18日の日本経済新聞に

掲載されていた記事を御紹介します。

 

何度か御紹介した歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)に関する記事です。

スクリーンショット 2014-10-02 2014-10-02

わずか3%しか普及していないそうです。

3%のうち数%の方は、使用していない。

病院のオブジェになっているそうです。

 

私は、しっかり活用していますよ。笑

スクリーンショット 2014-10-02 2014-10-02 1

最近は、患者さんにも認知して頂き、

顕微鏡治療を希望される方も増えてきました。

 

しかし、顕微鏡治療は、一人の患者さんに

最低でも90分を費やします。

結果的に、一日に治療できる患者さんの数は、

5人が限界です。涙

 

日本で3%しか普及していない顕微鏡治療が、

田舎の久留米でも受けることができます。

 

興味のなる方は、ご相談ください。

 

 

陶山 新吾

歯科医師冥利に尽きる。

2014年09月16日

こんばんは。

陶山です。

 

今日は、珍しく夜にブログ書いてます。

 

週の頭から嬉しいことがありました。

 

午前中仕事をしていると、

スタッフが

『先生、Kさんとおっしゃる方がお見えになっていますが、、、。』

と報告。

 

??? Kさん ???

 

予約にはない患者さんの名前、、、、

 

3秒後、あっ あのKさん????

と思い出しました。

 

昨年まで勤めていた、熊本の歯科医院で担当していた患者さんだ。

退職する際、遊びにいくから!!

とおっしゃていたことを思い出しました。

 

待合室に行ってみるみると、

Kさんが久留米のお友達といらしていました。

 

『先生、会いに来た!!』

とてもお元気そうでした。

病院の中を少し案内したのですが、

あいにく診療中であったため、

ほんの5分程しかお話しできませんでしたが、

とても嬉しかったです。

 

太宰府に遊びに行くついでとはいえ、

わざわざ久留米で降りて会いに来てくださいました。

 

本当に嬉しい嬉しい出来事でした。

 

頂いたお土産です。

IMG_1416

IMG_1417

 

熊本といえば、陣太鼓!!

 

Kさん本当にありがとうございました。

久留米でも頑張ります。

 

陶山 新吾

虫歯は治療を受ければ治るのか・・・?

2014年09月11日

こんにちは。

陶山です。

朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

本日は、久しぶりに参考症例をお見せします。

 

みなさん質問です。

 

虫歯は治療を受ければ『治ると』思いますか?

『治る』・・・◎

『治らない』・・・❌

答えは、❌です。

 

虫歯は、治療をしても治ってはいないのです。

 

虫歯の治療とは、虫歯を取って、人工の物質を詰めたり、かぶせたりしているだけで、

歯が元に戻っているわけではありません。

人工の物質は、時間が経てば必ず変化します。

天然の歯でも変化しますから、当然ですが。

 

私は、虫歯の治療が必要な患者さんに必ず伝えることがあります。

『一度、虫歯の治療を受けたということは、必ず再治療が必要になります。

今後一生、歯医者に通い続けないといけません。』

 

誰でも歯医者は、好きな場所ではありません。

 

では、どうすればいいのか?

 

治療を受けなければいいのです。

 

でも、虫歯になっているので治療は受けないといけません。

治療を受けないといけないのであれば、

虫歯の再発がおきても、歯が少しでも多く残るように

治療で削る歯の量を最小限にして、

虫歯の再発が起きにくいように精密な治療をして、

再治療の時期を遅らせたいと考えています。

 

治療後は、毎日の歯磨き、フロスでばい菌を減らして、

糖分の摂取頻度をコントロールして、

定期的にチェックし、クリーニングして、

虫歯が再発しにくくしていく、予防を推奨しています。

 

前置きが長くなりましたが、

本日は、マイクロスコープを用いた

ダイレクトコンポジットレジン治療を紹介します。

二回目ですが、、、

 

これは、右下の前から5番目の歯です。

表面から見てもどこに虫歯があるかわかりません。

レントゲン写真で確認し、歯を少し拡げて虫歯があることを確認しています。

スクリーンショット 2014-09-11 2014-09-11 5

治療前と、虫歯を取った後と、治療後です。

スクリーンショット 2014-09-11 2014-09-11 8

治療前と、治療後のレントゲン写真です。

綺麗に白いものが入っているのがわかると思います。

スクリーンショット 2014-09-11 2014-09-11 6

これを、保険の銀歯で治療していたら、

右下のように、大きく健康な歯まで削る必要があります。

ここまで、削ると次虫歯の再発が起きるとこれよりも大きな銀歯になります。

今回のように、歯を削る量を最小限にできると、

虫歯の再発が起きても、また同じコンポジットレジンで治療できる可能性がでてきます。

 

同じ方の左上の前から4番目の歯です。

不幸にも保険の銀歯が入っていても、

咬み合わせに絶えられる健康な歯が残っていれば、

同じ治療が可能です。

銀歯の下に虫歯ができていたので治療を行いました。

スクリーンショット 2014-09-11 2014-09-11 2

 

治療前と、虫歯を取った後と、治療後です。

スクリーンショット 2014-09-11 2014-09-11 1

少し角度を変えてみても、天然の歯と、人工物であるコンポジットレジンの間に

境目や段差はなく、ぴったりと合っているのがわかると思います。

(青い→のところが境目です。)

スクリーンショット 2014-09-11 2014-09-11 3

治療前と、治療後のレントゲン写真です。

問題なく、綺麗に詰まっていると思います。

この方は、この歯の後ろの歯にも問題があるので、

そこの治療も希望されていたのですが、

諸事情があり、私が行った治療はここまででした。

マイクロスコープがある病院でしっかり治療してもらってください。笑

 

このマイクロスコープを用いた、

精密治療、ダイレクトコンポジットレジン治療は、

保険適用外(自費治療)です。

ちなみに、時間は1本の歯に90分かかっています。

治療が終わって直ぐに、治療を行った動画を一緒に見てもらいます。

(結婚式みたいでしょ??)

虫歯がどれだけ深かったとか、こっちにも虫歯があったとか、

このように詰めていくんですよとか、治療が終わった状態を見てもらいます。

もちろんダイジェストにはなっていませんので

早送りしながら所々を見て頂きます。

 

歯の寿命を延ばすためには

このような治療方法も選択肢にあります。

興味のあるかたは、相談してください。

もちろんできない場合もありますので。

 

本日は、虫歯は治療を受けても治っていない。

なるべく削らす、精密な治療、ダイレクトコンポジットレジン治療についてでした。

 

陶山 新吾

 

 

 

 

 

ついに、できあがりました。

2014年09月04日

こんにちは。

陶山です。

ついに、できあがって来ました。

クインテッセンス出版株式会社のQDT Art & Practiceという雑誌です。

IMG_1323

以前のブログにもお話を頂いたことや、

進展があったことを書いていましたが、

手元に届きました。

 

先週に届いていたのですが、

ブログに載せるのが遅くなりました。

初めての経験で、

大変ではありましたが、かたちになると、

やはり嬉しいですね。

関係者の方々には色々とご迷惑をおかけしました、

ありがとうございました。

 

中身は、、、

IMG_1326

IMG_1329

こんな感じです。

最初、手に取って後ろの方から探していたのですが、

結構前の方のページにありビックリしました。

 インタビューが2ページ

コンポジットレジン治療の2つの症例が2ページです。

 

前歯と奥歯をなるべく天然の歯を温存し、

見た目も天然の歯に近い色に仕上げた治療が載っています。

 

病院の掲示コーナーに掲示する予定にしておりますので、

患者さんは、是非ご覧になってください。

 

歯科関係者の方は、是非購入してみてください。

私のページ以外でためになることがたくさん載ってますから!!

 

今後、今回の症例をブログにアップする予定にしていますので、

『お金を払ってまでお前の症例を見たくない』

という方は、そちらをご覧下さい。

 

陶山 新吾