症例報告

マイクロエンド(精密根管治療)顕微鏡を用いた根管治療

マイクロエンド(精密根管治療)

骨が溶けて無くなっている状態
初診時のレントゲン
骨が溶けて無くなっている状態(拡大)
根本の骨が溶けて無くなっている状態

初診時大きく骨が溶けてなくなっています。※上記写真:赤色の線で囲んでいる部分
この状態だと、他医院では抜歯を宣告されるかもしれませんが、当院では天然歯を健康に残すことを意識した「精密治療」に力を入れておりますので抜歯ではなく、ラバーダムを装着し、顕微鏡を用いた精密根管治療を今回のケースでは行いました。

ラバーダムを装着し顕微鏡を用いての精密根管治療の実施

※顕微鏡を用いた精密歯科治療は自費診療になります。

治療開始より3年

オールセラミッククラウンを装着した状態では、しっかり骨ができてきています。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

根管治療も完了し、オールセラミッククラウンを装着。
セラミックを用いることで天然歯に近い自然な仕上がりになりました。

※オールセラミッククラウンを用いた精密歯科治療は自費診療になります。

最新の症例報告